松村沙友理熱愛路チュー不倫の相手と乃木坂46解散疑惑?

SPONSORED LINK

松村沙友理の熱愛路チュー不倫の相手が明らかになり

乃木坂46の解散疑惑?が持ち上がっている。

 

 

 

松村沙友理熱愛路チュー不倫の相手と乃木坂46解散疑惑

乃木坂46の御三家とも呼ばれている松村沙友理が

週刊文春に路チューしているところをスクープされた。

 

 

 

お相手は大手出版社、集英社の編集者で

2014年春まで「ヤングジャンプ」でグラビアを担当していた

妻子持ちの既婚者の方だ。

 

 

 

つまり、松村沙友理は不倫をしたということになり

 

路上でキスしている姿をスクープされるとは

何とも無防備な御三家だと言わざるを得ない。

 

 

 

 

松村沙友理さんは乃木坂46の中でも可愛いと人気だっただけに

ファンはガッカリしていると思われる。

 

 

 

松村沙友理さんはこの男性と少なくとも

3週間の間に3回は銀座の高級カラオケルームに行き

4時間以上滞在することもあったそうだ。

 

 

 

 

もちろん乃木坂46は「恋愛禁止」を公言しているので

このスキャンダルに運営側がどのように対応するかが

非常に興味深い。

 

 

 

デートだけではなく

 

自宅マンション前で人目を憚ることなくキスや抱擁を

繰り返していたそうなので、脱退も免れない可能性が高い。

 

 

 

 

さらにこのスクープは10月7日に発表されたが

翌日の10月8日には乃木坂46の10thシングル発売日だというから

完全にスクープするタイミングが仕組まれていることがわかるはずだ。

 

 

 

今回の路チュー不倫現場は9月17日らしいので

完全にシングル発売日にあわせて来た形だ。

 

 

 

そして

 

乃木坂46メンバーの熱愛発覚は今までで初めての事なので

今回のスクープが与える影響は計り知れないものとなるはずだ。

 

 

 

 

まだお相手の男性が独身であれば話は違ったのかもしれないが

妻子持ち既婚者という不倫は一番ヤバいケースである。

 

 

 

これを一度やってしまうと企業タイアップが二度とできなくなり

社会的信用を失墜してしまうので、退路を塞がれた状態なんだよね。

 

 

 

清純派アイドルグループで売っていた乃木坂46には

まだまだ他のメンバーがいる。

 

 

 

不倫は倫理的観点から完全アウトだから

今回の一件はただでは済まされないだろう。

 

 

 

最悪は

乃木坂46の解散というシナリオの可能性がある。

 

 

 

これを公開した週刊文春は

他にも多数証拠写真を所有しているようで

「週刊文春デジタル」でデートの模様を収めた多数写真を公開している。

 

 

 

今回の件について、両社に事実関係を確認したようだが

乃木坂46運営サイド、および男性側も期日内には回答しなかった。

 

 

 

もう言い訳のしようがなく、黙秘という形をとったところを見ると

確実な証拠をおさえられてしまい、事実上認めてしまった形になる。

 

 

 

明日は乃木坂46の10thシングルの発売日だっただけに

明日以降の発表から目が離せない結末となった。

 

 

 

今後、どういう責任の取り方をしてくるか

是非とも注目していきたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ