ビオラクミンの副作用・効果【糖化菌の効能と胃酸】

SPONSORED LINK

ビオラクミンの副作用・効果【糖化菌の効能と胃酸】

 

ビオラクミンの副作用と効能についてご存知だろうか? 

ビオラクミンの副作用・効果【糖化菌の効能と胃酸】

 

ビオラクミンは新ビオフェルミンS錠と同様の

整腸剤なんだけども、副作用・効果についてお伝えします。

 

 

 

まず、最初にビオラクミンの副作用は

はっきり言って、全くありません。

 

 

 

理由は

 

ビオラクミンはフェーカリス菌・ビフィズス菌・アシドフィルス菌の

3つの乳酸菌が主な成分なので、副作用はありえないから。

 

 

 

たまに、こういうビオラクミンのような錠剤を服用すると

お腹は張ったり、逆に便秘になったりする人がいるんだけど

 

 

おそらく、それは錠剤を服用したという違和感からくるもの。

 

 

 

 

基本的に、ビオラクミンを始めとする乳酸菌を主成分とする

整腸剤に副作用は全くないので、是非とも安心してほしい。

 

 

 

ただし、ビオラクミンが効果的な一つの理由として

糖化菌が含まれているというのがあるんだけど

 

糖化菌も副作用は特にないし、胃酸に対して効果的だ。

 

 

 

よくヨーグルトなどの製品で特徴的に記載されている

生きたまま腸に届くというのがあるんだけど

 

乳酸菌っていうのは胃酸に弱いんだよね。

 

 

 

だから、せっかくヨーグルトを毎日食べていても

胃酸の働きで、乳酸菌が死滅してしまったら意味がない。

 

 

 

胃酸は乳酸菌を死滅させてしまうので、ビオラクミンは

胃酸から乳酸菌を守るために糖化菌を配合している。

 

 

 

実はこれが、ビオラクミンが腸に効果的な理由の一つで

糖化菌の効能で乳酸菌を生きたまま腸まで届かせるんだよね。

 

 

 

だから、いくら乳酸菌がたくさん入っていても

腸に届くまでに死んでしまっていたら、全くの無意味だし

 

糖化菌が配合されていない薬は効能が弱い。

 

 

 

その点、ビオラクミンであれば副作用もないし

糖化菌が配合されているから効果・効能についても

 

非常に期待できるので、是非とも試してみていただきたい。

 

 

 

でもね、人には人の乳酸菌という言葉もあって

効果・効能がある人もいれば、全く効果・効能が無い

 

っていう人もいるのが現実なんだよね。

 

 

 

ただ、こればかりは飲んでみないとわからないし

幸い、副作用も全くないので、効果・効能を確かめるために

 

お腹の調子が悪い人は、まず試しに服用してみよう。

 

 

 

そして、一度服用したらある一定期間は

服用し続けないと意味がないので、注意してほしい。

 

 

 

目安としては1ヶ月間服用し続けて効果・効能が

見られない場合は、乳酸菌が適していない可能性が高い。

 

 

 

ビオラクミンはサンドラッグからしか販売されていないので

こちらから購入するのが一番安いのでおすすめだ。

↓ ↓ ↓

 

 

あっ、ちなみに整腸剤として有名な

新ビオフェルミンS錠とビオラクミンの違いについては

こちらの記事にまとめたので、是非とも参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

ビオフェルミンが効かない人はビオラクミン【下痢・便秘】 

サブコンテンツ

このページの先頭へ