ビオフェルミンが効かない人はビオラクミン【下痢・便秘】

SPONSORED LINK

ビオフェルミンが効かない人はビオラクミン【下痢・便秘】

 

ビオフェルミンが効かない人が結構いるんだけど

そういう人はビオラクミンを試してみてほしい。

 

 

ビオフェルミンが効かない人はビオラクミン【下痢・便秘】

 

ビオフェルミンを飲み続けていても効果が出ずに

下痢・便秘に効かないという人はサンドラッグが販売している

 

ビオラクミンを是非とも試してみていただきたい。

 

 

 

新ビオフェルミンS錠もビオラクミンも

成分は同じ以下3つの乳酸菌から構成されている。

 

  • フェーカリス菌
  • ビフィズス菌
  • アシドフィルス菌

 

 

 

新ビオフェルミンS錠もビオラクミンも乳酸菌としては、

下痢・便秘に効果的な3つの乳酸菌からできているんだけど

 

ビオラクミンにはビオフェルミンには無い成分がある。

 

 

 

 

そのビオラクミンにしか含まれていない成分は

乳酸菌と乳酸菌の増殖を助ける「糖化菌」なんだよね。

 

 

 

だから、新ビオフェルミンS錠を服用していて下痢・便秘に

効かない・効果が無い人は、是非ともビオラクミンを

 

一度試してみていただきたい。

 

 

 

しかも、新ビオフェルミンS錠を服用したことがある人は

わかると思うんだけど、1回に服用するのが3錠なんだよね。

 

 

 

でもね、ビオラクミンだったら下痢・便秘に対しての効き目が

ビオフェルミンよりも効果的なのに

 

なんと、1回に服用するのがたった2錠でOKだ。

 

 

 

錠剤を服用するのに錠数が多いと抵抗があるっていう人って

多いと思うんだけど、可能であれば錠数は少なくしたいよね><

 

 

 

さらに、価格面でもう気がついた人もいると思うんだけど

新ビオフェルミンS錠とビオラクミンは値段がそこまで変わらない。

 

もちろん、錠数が同じにもかかわらず値段はさほど変わらない。

 

 

 

というわけで、同じ錠数の下痢・便秘に効果的な薬を

購入するのであれば、なるべく安く、効果的な薬を買いたいよね。

 

 

 

あっ、ちなみに私は新ビオフェルミンS錠をずっと服用していて

こちらの記事を書いたんだけど、最近はビオラクミンを使っている。

↓ ↓ ↓

新ビオフェルミンS錠の効果が出るまでの期間と副作用について

 

 

 

最後にまとめると、下痢・便秘に悩んでいる人は

是非とも整腸剤を服用してみてほしいんだけど、

 

新ビオフェルミンS錠とビオラクミンをそれぞれ試してみよう。

 

 

ビオラクミンの方が効き目が強いと思うので

心配であれば新ビオフェルミンS錠を長期的に服用してみて

 

 

下痢・便秘に効かないようであれば、ビオラクミンをおすすめする。

 ↓ ↓ ↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ