エッティンガーの財布【手入れ方法とETTINGERの評判】

SPONSORED LINK

エッティンガーの財布と、その手入れ方法と

ETTINGERの評判について紹介する。

 

 

 

そもそも、エッティンガーというブランドは

イギリスで1934年に創業されたんだけども

 

 

エッティンガー(ETTINGER)は英国王室御用達 

その後、チャールズ皇太子やトニー・ブレアが使っていたり

よく言われるのは

 

 

英国王室御用達のブランドとして

評判なんだよね。

 

 

 

エッティンガーの財布は長財布がメインで

他の皮財布ブランドと比較して

少し薄手なことが特徴だ。

 

 

 

 

だから、皮のしっかりとした感触が好きな人は

エッティンガーではない方が良いかもしれない。

 

 

 

 

皮製品は年月とともに使用感が出てきて

味わいというか、使い込んでいる感触を楽しむ物なので

薄手のエッティンガーだとその感触を得るまでの期間が短いとの評判もある。

 

 

 

 

もっと長持ちさせたい場合はエッティンガーではない

違うブランドの財布を検討していただきたい。

 

 

 

それでもやっぱり英国レザーを楽しみたい!

というのであれば、エッティンガーの財布はイチオシだ。

 

 

 

評判も良いし

他に持っている人もあまりいないのがポイントなんだよね。

 

 

 

しかも、表は黒いのに内側が黄色だったりと

すこしポールスミス的な配色も個人的には超好みなんだよね。

 

 

 

 

真っ黒だとつまらないし

かと言って表面が明るい色はちょっと・・・

っていう、ワンポイントのオシャレを意識する人にはもってこいだ。

 

 

 

 

そして、このエッティンガーとよく比較対象にされるのが

ホワイトハウスコックスの財布だ。

 

 

 

このホワイトハウスコックスの方が

正直、知名度があるし、知っている人が多いと思う。

 

 

 

ホワイトハウスコックスの製品はエッティンガーと同じで

最高グレードのレザーとされているブライドル・レザーがメインで

同じように「エイジング」が素晴らしいという評判だ。

 

 

 

 

 

エッティンガーと比べるとホワイトハウスコックスは皮が

しっかりとしているので、二つ折り財布やキーケースなどの

場合にはホワイトハウスコックスの方が良いかもしれない。

 

 

 

ただ、私はあくまでも英国王室御用達のエッティンガーを

おススメしたい。なぜなら、日本での知名度が低いから。

 

 

 

 

やっぱりコテコテのブランドだと

個人的には面白くないんですよね。

 

 

 

いや、良いんですけど

 

あー、シャネルねーとか、ヴィトンですねとか

プラダ、グッチとかもう見飽きたよ。

 

 

 

 

あっ、ちなみに手入れ方法については

基本的には他の皮製品と全く同様に手入れしてもらってOKだ。

 

 

 

 

ブライドル・レザーだからといって

特別な手入れ方法があるわけではないので

安心いただきたい。

 

 

 

 

手入れ方法は以下のような感じ

  • 汚れをちゃんと落とす
  • ツヤを出すために磨く
  • ブラッシング

 

 

 

革靴とかと何ら変わらない手入れ方法なので

是非とも長持ちさせて

エッティンガーの財布を楽しんでいただきたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ